toms-diary

雑記ブログです。日常の身の回りで起きたこと、子育て、趣味、遊び、その他なんでも書いていこうと思っています。

MENU

児童虐待事件について考える

近頃、幼児や児童虐待による死亡事件のニュースが

非常に多くないですか。

 

最近だと千葉県野田市の女児への虐待死亡事件が

大きな問題になっていますね。

 

実は日本の児童虐待の件数は、この10年で

なんと約13倍にも増えているんだそうですよ。

驚きじゃありませんか。

f:id:totti41:20190210215514p:plain

児童虐待の通告数が過去最高 10年で約13倍に…「面前DV」も - FNN.jpプライムオンライン

 

日本は儒教の思想が根底にある国なので

親が偉く、子供は親の言うことを聞くものだと

昔からの考えがいまだに根強くあるんでしょうか。

 

しかし、子供だって意志を持った1人の人間です。

子供の人権を守っていかないといけないのは

当然なことなんです。

 

親である私たち大人の意識を変えていくことも

非常に重要になってきますよね。

 

子供は親の所有物じゃありません。

子供は親の言うことを聞くペットではありません。

子供はあなたの思いのまま動くロボットではありません。

子供にだって個性があります。

子供を力で従わせるのはしつけではありません。

 

こういった状況を受けて、国連が「日本は虐待後進国

日本政府に対策の強化をするよう勧告を出しました。

 

これを受けて日本政府も関係閣僚会議を開いて、

安倍首相が虐待事案に対する指示を関係省庁に出しました。

 

これまでさんざん虐待事件が起きても動かなかった政府が

国連が出てきたとたんに動くのも納得いきませんが。。。

 

こういった事件の背景で問題になっているのが

児童相談所の対応ではないでしょうか。

 

今回の野田の事件も、児童相談所の軽率な対応が

非常に問題視されていますよね。

 

そして警察との連携が取れていない、

いわゆる縦割りの行政も問題になっています。

 

2018年10月の段階で、児童相談所と警察の間で

虐待などの案件が全件共有出来ていると回答した

自治体は47都道府県中、なんとたったの8府県だけなんです。

www.jiji.com

 

いったい何のための児童相談所なのか、

児童相談所が何のために存在しているのか、

国、自治体にはしっかりと考えてもらいたいです。

 

子供の命を守れない児童相談所なんて

何のために存在しているかわかりません。

いま1度、児童相談所の意味を思い出して欲しいです。

 

すべての子供たちが笑って暮らせる国になる日が

いつの日か来ることを望んでやみません。

 

 

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村