toms-diary

雑記ブログです。日常の身の回りで起きたこと、子育て、趣味、遊び、その他なんでも書いていこうと思っています。

MENU

政府の「子連れ出勤」後押しが波紋を広げているそうです。

仕事をされている方の子育てには

無くてはならない保育園。

 

現在の日本は働き手不足、子育て世帯の

ママさんも貴重な働き手です。

保育園に子供を預けて働いている方も多いでしょう。

 

しかし保育園に入ることの出来ない子供、

いわゆる待機児童問題も何年も前から

問題となっていますよね。

 

うちの子も保育園にはお世話になりましたし、

下の子は今でもお世話になっています。

 

もし保育園に入れなかったらと考えると、

妻が仕事に就けなくなり、家庭の収入も

減ってしまい、ずっと家にいなくては

いけない妻もストレスが溜まるでしょう。

 

そんな中、政府は「子連れ出勤」を後押しすると

方針を打ち出しましたが、

それが波紋を読んでいるようです。

 

子育てに理解ある社会を目指す取り組みとして

「選択肢のひとつ」と考えているようです。

この子連れ出勤に賛否の声があがっています。

 

茨城県つくば市にある、子連れ出勤を認める

授乳服メーカー「モーハウス」を視察した

宮腰少子化担当大臣は、自治体のモデル事業の

補助率を引き上げるとしたそうです。

 

すでに別の会社で実際に子連れ出勤を経験したママからは

「授乳しながらパソコンのキーボードを叩いて

腱鞘炎になった」とか、

「おむつ交換の度に電話を中断した」などの

片手間で仕事と子育ての両立は難しいとの意見も。

 

一方で仕事がしたいけど子供とも離れたくない

といったママからは、

選択肢が広がると歓迎の声もあるようです。

 

どちらにせよ、

子供が出来たら保育園に預けて働くか、

仕事を辞めるかの2択以外の選択肢が

出来ることは良いことだと私は考えます。

 

願わくば女性だけじゃなく、

男性の職場にもこういった考えが広がると、

女性の負担も軽減され、

働きやすくなるのではないでしょうか。

 

しかし、日本の社会ではまだまだ子育ては

女性の仕事だという考えが強く残っているので、

男性が職場に子連れ出勤するのは

もっと意識の改革が必要でしょうね。

 

以前、どこかの市議会で女性の議員が

子供を連れて来たときに、

議場から出ていけと言われたなんて

ニュースもありましたよね。

 

なんにせよ、政府が後押しして

子連れ出勤を推進することは

今後の為にも意味があることだと思います。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村