toms-diary

雑記ブログです。日常の身の回りで起きたこと、子育て、趣味、遊び、その他なんでも書いていこうと思っています。

MENU

スマートキーの仕組みを利用した新手の自動車盗難が出てきた。

みなさん「リレーアタック」って聞いたことありますか。

 

最近の車は鍵を挿さなくても、持っているだけで

ロックを解除出来て、エンジンも掛けられる

スマートキーが主流になってきましたよね。

 

スマートキーとは電波によって車とキーが

通信しているシステムで、

自動車盗難の予防にも効果があります。

しかしそこを逆手に取られてしまったのです。

 

先日、大阪でこのリレーアタックの手口を使った

自動車盗難未遂の防犯カメラの映像が公開されました。

 

犯人は高級車「レクサスLS500」をこの手口で

開場して持ち去ろうとしたようです。

ただエンジンが掛からずに持ち去れなかったようです。

 

犯人は主に2人組で、1人がスマートキーから出る

電波を中継する特別な機械を使って電波を増幅し、

もう1人が車にスマートキーを持っていると

誤認させてロックを解除して、

エンジンを掛けて持ち去るんだそうです。 

 

通常は電波が届く範囲はだいたい1メートル程度

なんだそうですが、この場合だとキーと車が

10メートルも離れた距離でロックを解除しました。

 

つまり自宅の中にキーを保管しているにも関わらず、

キーを解除しエンジンを掛けられちゃうんです。

 

しかし本当に卑劣なことを思いつく人も

いるもんですね。

その知識を正しいことに使えばいいのになって

思うのは私だけでしょうか。

 

このリレーアタックに対してメーカーの対応も

足並みが揃っていないのが現状です。

実はスマートキーの普及が進む中、

リレーアタックのおそれは指摘されていたそうです。

 

対策を進めているメーカーがある一方で、

まだ情報収集段階に留まるメーカーもあり、

対応もバラバラなんです。

 

しかしメーカーさんにはこの辺の対応は

お願いしたいところですよね。

でも現状では自衛策を取るしかなさそうです。

 

そんな中、自動車用品販売店からは

電波を遮断できるポーチが販売されて、

1ヶ月で2,000個を完売したそうです。

 

一部の自動車ではキーから電波が発信されなくなる

節電モードという機能があり、

その活用も呼びかけられているそうです。

 

節電モードなんて初めて聞きました。

呼びかけを行っているといいますが

私のように知らない人間もいるという事は

まだまだ浸透してないって事ですね。

 

電波の遮断できるポーチがはナイスアイディアですね。

このようなキーを保管出来る入れ物は

きっと需要がありそうですね。

 

こういった問題はいつもイタチごっこで、

どちらかが対応すれば、また違う方法で

対応されるの繰り返しですね。

 

しかし大切な自動車を盗むなんて許せません。

メーカーさんには本腰を入れて対応を

お願いしたいです。

 

 

 

 

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村