toms-diary

雑記ブログです。日常の身の回りで起きたこと、子育て、趣味、遊び、その他なんでも書いていこうと思っています。

MENU

横綱稀勢の里の引退報道に思うこと。

はじめまして、tomと申します。

このブログでは日々の出来事、子育て、趣味、遊びなどなど、

様々なことを書いていこうと思っています。

今後ともよろしくお願いします。

 

さぁ記念すべき第1回目のネタですが、

本日、唯一の日本人横綱稀勢の里の引退が報道されました。

まず本当にお疲れ様でしたと声を掛けてあげたいです。

 

都内で引退会見を開き、

「私の土俵人生において、一片の悔いもございません。」と、

涙をにじませて語ったそうです。

 

横綱になってから長いこと怪我に苦しめられて、

横綱在位中の12場所のほとんどを休場していました。

テレビのインタビューでは横綱の地元、茨城県牛久市のファンも残念そうなでした。

でも、1番悔しかったのは横綱本人でしょう。

 

稀勢の里は本当に生真面目な性格だったそうで、

ひたむきに相撲に向かう姿勢は多くのファンの心を掴んで、

昨日の3連敗したあとも、客席からは座布団が飛ぶどころか、応援の声が飛び交ったそうです。

 

横綱は先場所に4連敗したあと休場して、横綱審議委員会から「激励」という勧告を受けていました。

この激励とは、

「次に勝てなかったら引退だよ」っていう、言わば最後通告みたいなもんなんです。

私たちが普段使う激励とは言葉の重みが違うんですね。

 

ただ、この制度には少し疑問を呈したいと思います。

確かに相撲にとって横綱は最高位、強さや品格を求められるのは知っています。

 

12場所中、2場所しかフル出場出来なかったり、

格下に負けて、途中休場したことも否めません。

 

しかし怪我をおして出場し、満足に相撲を取れずに負け越した稀勢の里に対して、

最後通告は個人的に納得出来ないのです。

 

生真面目な横綱にとって、最後通告の重みは計り知れなかったでしょう。

そのプレッシャーは横綱を追い詰めたことでしょう。

 

日本古来の相撲道と言われれば、何も言い返す言葉もありません。

ただそこにはどうしても気合いや根性といった精神論が

見え隠れしてるように思います。

 

相撲に限らず、日本のスポーツ界、日本社会全体に言えることなんでしょうが、

そろそろ精神論からの脱却が必要だと思います。

根性論で無理をして、怪我をして一生を無駄にするなんてアホらしいです。

 

今後の稀勢の里は年寄りになって、部屋の後輩の指導に当たるようです。

第2の人生、これからも頑張って下さい。

本当にお疲れ様でした。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村